• クランマークの透過の仕方の記事載せました こちら
  • KO Timerをつくりました こちら
  • 2007年08月01日

    忘れてた、、けどたいしたことじゃない

    いつか新しい動画キャプチャツールの事書くといっておきながら忘れてました

    今まで使っていたのがFrapsでして新しく買ったのが(と言っても3月はじめに買ってるんですが><w)DxRec
    最近検索したりたまたま見つけたりとかしてないと見つけられなかったので知ってる人はちょっと少なめ?
    これが結構イカスのです。HDBENCH作った超有名な人でもあります。知らない人はPCに詳しいとは言えないと私は思ってるぐらい有名なキーワード><!

    ま、ちょっとFraps対DxRecとして違いを見てみます。
     Fraps 
    fraps.png
    DxRec 
    dxrec.png
     言語 英語 日本語 
     動画キャプチャ可 
     〃 カーソル表示有りor無し 無し 
     〃 サイズ等倍or半分 縦横任意 
     〃 形式AVI 1.0 AVI 1.0or2.0(参照型AVI) 
     〃 FPS任意 10,15,20,25,30,40,50,60 
     音声キャプチャ可 可 
     〃 品質44.1k 16bit stereo 11k 8bit mono〜48k 16bit stereo 
     静止画キャプチャ可 
     〃 保存形式BMP,PNG,JPG,TGA BMPのみ 
     FPS画面表示有りor無し 有りor無し 
     そのほかキャプチャのFPSで設定した数字までキャプチャ時にフレームレートが下がる(10FPSにしたらゲーム画面のフレームレートも10FPSになる)
    キャプチャサイズを半分にしても処理が軽い
    ゲーム、Frapsともに起動中でも設定変更を受け付ける
    長時間キャプチャはファイルが分割されてしまう 
    どのキャプチャFPSの設定でもゲーム画面のフレームレートが下がることはない←一番重要
    キャプチャサイズを変更するとDrectX9以降のゲームは縮小処理を別ルートではさむため動作が重くなる(等倍ならFrapsの限界より高い解像度でも負担をかけずに高レートでキャプチャ可能)
    ゲーム、DxRecともに起動中に設定を変えると、一度どちらかを再起動させないと設定が反映されない
    参照型AVI対応なので1ファイル(正確には2ファイル)だけで容量が数百Gになったとしても分割されないでキャプチャ可能 

    てな感じ
    画質はDxRecの中の下ぐらいがFraps。しかし多用するDxRecの画質「低」よりはFrapsのほうがきれい・・・っていうかパッと見違いはわからないです

    まとめると
    Frapsのいいところはキャプチャサイズを半分にしても重くないと言うかむしろ軽い??
    DxRecのいいところはキャプチャ中でも表示しているフレームレートに影響が出ない
    悪いところはその逆ですねー。Frapsキャプ中にフレームレート落ちるしDxRecはキャプサイズかえると処理重くなる・・・DX8のゲームなら大丈夫って言っていたけど重いんです。。。


    え?GameCam?あんなごみツール苦楽でいいですよ・・・まったく使えなかった
    画質にこだわらなくて重くてもいいならいいんじゃないですかねー
    posted by Nova at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:


    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。